私の大好きなナスの調理法、栄養と効能について

まず、調理がしやすく、柔らかい食感と甘い味がするところが好きです。また、免疫力を高めるところも好きです。
次に、ナスは素揚げにしたり炒めるだけでも十分美味しいですが、私は味噌と砂糖とお酒で炒めたナス味噌をよく調理します。作り方は簡単で、味噌と砂糖とお酒を混ぜて、油で炒めたナスに入れて最後に水溶き片栗粉を入れて、ごま油で和えれば完成です。ポイントは水溶き片栗粉を入れるところです。調味料のみでも良いですが、それを入れることであじがまとまります。

 

私の大好きなナスの調理法、栄養と効能について

 

天ぷらや素揚げにしても美味しいのがナスで、油とも相性が非常に良い食べ物だと思います。
最後にナスの栄養についてです。主に糖質ですが、ビタミンA、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンCも少量含んでおります。低カロリーで低タンパクでカロリーは少ない方です。また、カルシウムと鉄もあるので貧血気味の人には重宝します。ポリフェノールの一種であるアントシアニンも含んでおり、抗酸化作用、血栓防止、眼精疲労の改善等に効果があります。
ナスは身体を冷やすので夏に食べるのは良いですが、体調の悪い人や妊婦さんは食べ過ぎに注意です。サービス業の方や声優などの声をよく使う人は喉を荒らしてしまうので注意して食べた方が良いです。
ナスのへたを捨ててしまう方が多いと思いますが、乾かして煎じて飲むと食あたりの改善、しもやけした部分に塗ると症状が良くなるなどの効能もあります。また、ナスのへたを黒焼きにして使用すると、歯痛や口内炎、下のただれなどの炎症した部分の熱をとって痛みを改善してくれます。

 

私の大好きなナスの調理法、栄養と効能について
ナスをおろして絞った汁を毎日イボに塗るとイボが取れます。
ナスは糖質、ビタミンA、B1、B2、C、カルシウム、鉄、アントシアニンなどの栄養を含み、抗酸化作用、血栓防止、眼精疲労に効果があります。そして夏野菜ということで暑い夏に食べれば身体を冷やしてくれるとても有能な野菜です。どんな野菜にも言えることですが、身体を冷やしてくれるとはいえ食べ過ぎに注意が必要です。麻婆ナスなどの調理法によって苦手な人にも食べてもらうことができる野菜です。

関連ページ

きゅうりは万能野菜です
近年元AKB48の前田敦子さんや大人気モデルのマギーさん、元宝塚歌劇団の遼河はるひさんなどの人気芸能人が美容法の一環として食べていることによりその魅力が再発見されているトマト。
色んな意味で安定しているもやし
今まで、ズッキーニをスーパーで見かけていましたが、調理法が分からず購入したことはありませんでした。
ズッキーニで健康美人
もやしは、一年を通じて一定の価格で安く購入できるので家計には大助かりの野菜です。また、100g当たりのエネルギーが、14カロリーととても低カロリーでヘルシーな食材です。
バリエーション豊富なレンコンの魅力について
誰でもスーパーで目にしたことのあるレンコンですが、食べるとシャキシャキした食感が美味しい野菜です。
万能野菜の玉ねぎちゃん
まず、どんな料理にも使え価格もお手頃な事や、火を通すと甘味が出て料理全体が美味しくなることや、生で食べてもシャキシャキしていて美味しいです。
大好きな野菜キャベツの栄養素の健康効果
オリーブオイルや黒胡冷ややっこの薬味に、刻みねぎだけでなくそっとしそも添えてある。炊き込みご飯のトッピングに緑鮮やかな青しそ千切りぱらぱらとがかかっている。椒、しょうゆ、ハチミツなどとスライスしてレンジで加熱した玉ねぎと合わせ、サラダのドレッシング代わりや、カジキなどの魚をソテーしたものにかけても美味しく食べられます。